"/>

サンディエゴでレストランをご開業のお客様を立地選びから開店までサポートいたします。レストラン売買、レストランのリースはプロセスが複雑なため、レストラン事業に詳しいブローカーの知識が必ず必要です。サンディエゴのレストラン開業に関しましては経験豊富なサンディエゴ専門不動産ブローカーの鍵山学にお任せください。

サンディエゴでの出店場所

出店場所についての短観

コンボイ
アジア系の方々が多く集まる場所ですので、サンデェイゴで日本食を出店する場合は一番良い場所だと思います。難点は駐車場が少ないこと、また単純に場所がない、家賃が高いなどです。場所によってはスクエアフィートあたり、$5以上する場合もあります。また競合店が多いことも難点といえば難点です。

ダウンタウン
旅行客が多い事がポイントですが、物件選びで一番難しい場所でもあります。サンディエゴのダウンタウンは人が集まる場所、時間帯が通りによって大きく異なります。4番街、5番街当たりが無難といえば無難ですが、家賃が高額です。細かい場所を気にしなくても大丈夫なエリアはLITTLE ITALYです。安定して人が集まり、あまりアジア系が進出していない場所でもあります。

ノースパーク・サウスパーク→近年人気のエリアで、若者が多く集まる場所でもあります。バーやブルワリーも多く、現在注目のエリアです。

味が良ければどこへ出店しても大丈夫?
素人目から見ても「あれ?なんでここに?」というお店はたくさんあります。しかしながらここはインターネットやYELPが発達したお国柄、味が良ければどんな場所であろうと人気店になる可能性も十分あります。出だしの集客は苦労するかもしれませんが、一旦固定客がつくと、場所は関係ない印象も。

レストランリースの注意点

レストラン売買・商業不動産の契約で最も大事なのはリース 契約書です。商業物件の価値も、レストランの価値もリースの残存年数と月額の家賃によって変わってきます。

1.リース年契約数
カリフォルニアでは3年から5年、また大きな商業物件によっては10年、15年のリース契約を結ぶことが多いです。レストランなどリテール物件の場合は、ビジネス自体の売買が可能ですので、長めの契約をお勧めします。各リース契約のあとにオプションをつけると更に良い契約書になります。例えば、5年リースで契約して、5年のオプション(延長)を二回つけるなど、ビジネスが良い状態でも悪い状態でも続けるか、止めるかの選択が可能です。このオプションがないと、家主は契約年数が満期になるとテナントを追い出すことが出来ます。

2.リースオプション期間中の値段の交渉
オプションはたいていの場合はMARKET RENT AT A TIME、つまり大家が勝手に決めても構わないということになります。ただ大抵の場合は今までのレントから3-5%上昇するのが慣例です。家主との交渉を有利に進めるためにも家賃のきちんとした支払い、また定期的にコミュニケーションを取ることをお勧めします。

3.家賃の相場
サンディエゴの家賃の相場はもちろん場所にもよりますが、$3から$6になります。$3に面積を掛けると月の家賃になります。従いまして、1000スクエアフィートの場所を借りるとして家賃が$3の場合は$3x1000=$3,000の月額家賃になります。家賃は交渉可能ですが、景気の良しあし、そのショッピングモールの人気度によって異なります。また同じショッピングモール内に同種の店舗を借りることはできませんので、その点を事前に家主に聞くことが非常に重要です。

3.NNN?トリプルネットとは
トリプルネットとは本来大家の経費であるPROPERTY TAX,INSURANCE, COMMON AREA MAINTENANCE(ショッピングモールなどの共益費)をテナントにPASS THROUGHする事を言います。つまり家賃のほかに別途経費が発生する事になります。こちらは残念ながら殆どのRETAIL物件で行われており、避けることが出来ません。ただOFFICEリースの場合などはあらかじめ家賃に含まれている場合が殆どです。


最新売りレストラン情報

  • 寿司レストラン クレアモントメサ $200,000 レント 1500sqft
  • ラーメン屋 ヒルクレスト $220,000 1500sqft
  • 寿司レストラン コンボイ $220,000 1,500sqft

サンディエゴレストラン開業のお問合せ

お問合せ

更新日:

Copyright© サンディエゴ 不動産 信頼と実績の鍵山 学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.