"/>

サンディエゴ 不動産購入 ファーストタイムバイヤーの方へ

サンディエゴ 不動産 購入前の準備 アメリカ住宅ローンの基礎知識

投稿日:

銀行から借りられる最大限の金額を借りるよりも、本当に月々に払える額を考えよう。

欲しい家の固定資産税、火災保険、月々のローンの支払いを加味しながら、本当にローンが支払えるか計算しましょう。高い買い物なので、慎重に検討しましょう。管理費(HOA)や、ローン保険がかかる場合はその支払い分も毎月の支払に付け加えましょう。

ローンの種類:コンベンショナル、FHA,VA

コンベンショナルローン
​アメリカで一番一般的なのはコンベンショナルと言われる銀行やローン会社が提供するローンです。利息は一般的に低く、その代わりローンが取れる条件は厳しくなります。10-20%の頭金を入れるのが一般的です。

FHAローン
政府関連機関がローンを保証する制度です。こちらは頭金が低くても取得しやすいローンです―最低3.5%から借りることができますが、その代わりにモーゲージインシュアランスというローン保険の加入を義務付けられ、月々の支払は高額になりがちです。

VAローン
アメリカのマリーン、ネイビー、アーミーなどに所属している方のみを対象としたローンです。頭金なしでも申し込み可能ですが、こちらも条件は比較的厳しくなります。レートはかなり優遇されているので、条件に当てはまる方にはトライしていただきたいローンです。

銀行はどこを選ぶ?
まず、ご自身が持っているメインの銀行に問い合わせてみましょう。大手銀行は審査が比較的厳しいですが、レートはいいです。大手銀行で借りられなくても、ローン会社や様々なローンのプログラムがありますので、心配することはありません。

ローンの仕組み:固定VS変動 ローンの年数。

アメリカのローンには、変動レート、固定レートがあります。変動レートはマーケットの利率によって、一定の期間1年や、3年、5年など、利息率が変化していきます。固定レートは文字通り、固定の利息率で、15年、30年など長期にわたってレートが確定できます。ローンの期間ですが、通常のローンは15年、30年が主流です。現在のように歴史的に見て、利息率が低く、好況による利息率の値上げが予想される場合には場合は固定レートでレートを長期に渡って確定してしまった方が有利です。

www.sdfudosan.com

応援よろしくお願いいたします!!!! ↓↓↓↓↓↓↓押して頂けると有り難いです!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ

-サンディエゴ 不動産購入, ファーストタイムバイヤーの方へ

Copyright© サンディエゴ 不動産 信頼と実績の鍵山 学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.