"/>

サンディエゴ 不動産購入 ファーストタイムバイヤーの方へ

購入前の準備ー住宅の種類

投稿日:

カリフォルニアの住宅には様々な形態があり、ここではそれぞれの違いと特徴、購入する際の注意すべきポイントをお伝えします。

1.戸建て

いわゆる一軒家です。隣接した他の土地には塀で仕切られており、各自下水道、水道、ガス・電気のメーターが設置されています。一番自由度の高い(リモデルや家の使用に関して)物件形態ですが、地域によりCC&Rつまり地域の決まり事によって縛られます。CC&Rには例えば、後ろの家のVIEWを遮るような増築をしてはならない、など色々な決まりごとがありますので、購入前に注意が必要です。

2.戸建てーPUDプランドユニットデベロップメント

戸建ての中にも集合住宅のような形態をPUDと呼びます。大きな違いは自治団体であるHOA(管理組合)が存在し、家の管理や庭の管理など細かな決まりごとがあるという点、そして毎月HOAの費用を支払う必要があります。一般的にはFRONT YARDやCOMMON AREAの掃除、草刈りなどはHOAが雇っているLANDSCAPING会社が管理してくれ、プールやジム、共有施設、ゲートがあるPUDもあります。

3.タウンハウス

PUDやコンドミニアムと同じ形態ですが、物件が横で壁を共有している形が一般的です。サンディエゴではガレージが付随しているものが多いです。タウンハウスもHOAが存在し、細かくルールが決められています。

4.ツインホーム

いわゆる二つの家が隣り合わせになっている形態です。壁一枚で隣と隣接しており、タウンハウスやコンドミニアムよりもプライベートがあります。

5.コンドミニアム

いわゆる集合住宅で、通常横、また上下に物件が隣接します。ダウンタウンの周りでは高層ビルが多く、その他郊外では2階建てから4階建てが多くなります。駐車場は屋根付きと屋根がついていないもの、稀にガレージもあります。規約が制約が多く、プライバシ―も少ない、アパートのような形の物件になります。

サンディエゴ不動産情報が満載!www.sdfudosan.com

応援よろしくお願いいたします!!!! ↓↓↓↓↓↓↓押して頂けると有り難いです!

にほんブログ村 海外生活ブログ サンディエゴ情報へ

-サンディエゴ 不動産購入, ファーストタイムバイヤーの方へ

Copyright© サンディエゴ 不動産 信頼と実績の鍵山 学 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.