E-2ビザ取得方法

E-2 ビザは日本からアメリカに投資することで、取得できる労働ビザです。

E-2ビザ概要

管理職または役員あるいはその会社に必要不可欠な知識を持つ方
・日本に親会社となるべき会社は不要
・業種により異なるが、事業相当額(当事務所の事例では20万ドル以上)の投資を行った
  株の過半数が日本国籍者に所有されている米国法人が必要
・現地従業員雇用(米国籍あるいは永住権保持者)・米国と通商条約を締結した国の国民
・日本企業から申請を行う場合は、申請者は日本国籍保持者に限る
E-2ビザになぜ不動産エージェントがかかわるのか?
E-2ビザは米国の企業を買収または、米国にて新しく事業を始めるにあたり、投資をする場合に発行される労働ビザです。私たち不動産エージェントが関わるのは、レストランやお店の買収、店舗スペースの賃貸・リースをする場面です。ビザや会社設立にかかわるサポートは会計士・弁護士がサポートしますが、ビジネス買収、店舗のセットアップの部分では不動産エージェントがお力になれます。


Copyright© サンディエゴ 不動産 信頼と実績の鍵山 学 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.